年末年始休暇のお知らせ

いつもクラリーをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

12月29日~1月3日は、年末年始休暇として営業をお休みさせて頂きます。

何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

 

安心のプロセス メールでの問合せ代行

英語や中国語でのメールの代行は、クラリーでも最も人気にあるサービスの一つです。

こうしたご依頼を頂いた際、クラリーの秘書はお客様のメールアドレスをお聞きします。
そして、お客様のアドレスをccに入れて、問合せ先にメールを送ります。

こうすることでお客様は、クラリーの秘書がいつどんなアクションを取ったかをリアルタイムで知ることが出来ます。
また、取引先から返信が来たときも、クラリーからの報告を待たずにそれを知ることが出来ます。(勿論、その後の翻訳は必要となりますが)

小さいことかもしれませんが、クラリーはこうした点を重視しています。

 

本当に連絡を取ってくれているのか?
いつメールを送ってくれるんだろう?

 

といったフラストレーションを、お客様に抱かせないよう小さな工夫をしています

安心のプロセス、クラリーです。

 

日本の常識は世界の非常識?

私たちが感じる「お客様と欧米人のギャップ」について。

クラリーのお客様は輸出入をされている方が非常に多く、
翻訳以外にもトラブルの解決に関するご依頼を頻繁に頂きます。

 

商品が届かない
メールしても返信がない
キャンセルしたのに返金がない
取引先の社内のコミュニケーションが悪く何度も同じ説明をさせられる

等々

 

クラリーの久松としては何とかお客様のお役に立てるよう頑張りますが、
「個人の久松」としては、「仕方ないかな~」と思うことが実は多いのです。

私も以前、イギリスに住んでいたことがあるので、
欧米人のいい加減さは身に染みて分かっています

イギリスならまだしも、イタリアやスペインといったラテンの国にいったらもう堪りません…

 

「日本人なら今日やるだろうな」と思うことは1週間後。

仕掛りの仕事が途中でも、5時になったら帰ります。

会社の同僚のミスに対して、会社を代表して謝るようなことは絶対ありません。

 

ですから、日本人の感覚であまり強く接しても、逆効果になることすらあるのです。

クラリーの秘書は、全員が海外生活経験者ですので、こうしたことは理解しており
忍耐強く対応させて頂いております。

お客様にもこうした事情を知って頂ければ、少しはストレスが軽減されるかもと思い、
今日はこのようなお話をさせて頂きました。

 

ご依頼事例 Airbnbに関連したご依頼

今日は最近増えているAirbnbに関連したお仕事について。

 

一番ご依頼が多いのが 簡単な翻訳

Airbnbのウェブサイト上での説明文の翻訳や
部屋の中の張り紙の翻訳まで。

本当に こうしたご依頼が増えていますね。

クラリーは英語以外もできるので 英語に次いで中国語での翻訳の
ご依頼もかなりあります

 

次に多いのが 「物件を探して欲しい」というご依頼。

正直、これはかなり悩ましいご依頼なのです。。。

何故なら、なかなか大家さんは「転貸」を許可しないからです

ですから、こうしたご依頼を頂いた場合は 時間で切らせて頂いています。

 

ビジネスタスク(チケット3枚)で 1時間の稼働

 

もし、それで見つからなくても免責とさせて頂いています

そう簡単には見つかりませんので。

また ウェブサイト上に「転貸可」と記載のある物件は、まずありません。

 

1、50分でお客様の条件に合った物件をネットで探す

2、残りの10分で 仲介業者さんに「転貸が可能か」の問合せをする

 

大体、こうした流れになります。

しかし、仲介業者さんも実際にどういう方が借りるのかを気にしますので
ネット検索以外はお客様ご自身でやられた方が、確率は高いようにも思います。

クラリーでは、出来るだけ柔軟に対応させて頂いておりますが、
このような制限を設けさせて頂くこともございますので、ご理解頂けますと幸いです。

 

ご依頼事例 商品リサーチ

今日は、残念ながらクラリーの秘書では対応できない
お仕事についてご説明します。

 

クラリーのお客様は物販を営まれている方が多いので、
英語や中国語を使っての現地サイトでの商品リサーチのご依頼をよく頂きます。

その際、稀に下記のようなご要望を頂きます。

 

・利益率の高い商品を探して下さい。

・値引きに応じてくれそうなショップを見つけて下さい。

・人気が出そうなアイテムを探して下さい。

 

申し訳ありませんが、このようなご要望にはお応えすることは出来ません。

勿論、クラリーの秘書はお客様のために最善を尽くしますが、「利益率が高い」とか「人気が出そうな」アイテムを識別できるほどの知識も経験も、クラリーの秘書には無いのです。

価格帯等、具体的で客観的なご指示を頂ければ、全力でサポートさせて頂きます。

 

今日は、「できない」話で申し訳ありません。。。

引き続き、クラリーをご愛顧下さい。

 

ご依頼事例 翻訳以外の業務もお任せ!

今日は、最近実際に頂いたご依頼を10個ご紹介します。

 

・Airbnbに掲載されている物件をリスト化して欲しい

・マレーシアに出張するので現地でのモバイル通信について調べて欲しい

・香港で有名な広東料理店を探して欲しい

・都内で子連れフレンドリーなカフェを探して欲しい

・大阪にあるベビーカーのレンタル会社を探して欲しい

・香港の配送会社を探して欲しい

・名古屋圏の宅配弁当会社を探して欲しい

・仙台の小学生向けの塾を探して欲しい

・都内のコーワーキングスペースを探して欲しい

・北海道の登山ツアーを探して欲しい

 

翻訳以外の業務も、ご遠慮なくご依頼ください!

ご依頼事例 英文スクリプト起こし

今日は、英文スクリプトのご紹介です。

分かりやすく言うと、「英語のテープ起こし」。

 

英語での会議や電話を録音し、それを文字にすることです。

 

ビジネスでトラブルが生じた時は、「言った言わない」にならないように
記録を取っておく必要があります。

しかし、音声録音だけでは相手との「共有」が面倒です。

そこで、この「テープ起こし」が役立つわけです。

 

先日 イギリスの企業に返金を催促するために クラリーの秘書が
スカイプでの同時通訳を行いました。

それでも、その後なかなか返金が無かったので、そのお客様はクラリーに
「電話のテープ起こし」をご依頼されたのです。

こんなこともあろうかと、会話を録音されていたのです。

 

その後、その議事録をメールで送り、更に強く交渉しました。

結果的にかなりの時間がかかったのですが、無事、返金を得ることができました。

 

後日、そのお客様は「あのスクリプトで、ビジネス英語の勉強も出来るので一石二鳥ですよ」と仰っていました。

重要な電話や会議の議事録作成に、是非、クラリーをご利用下さい。

 

ご依頼事例 メールの翻訳

香港でのレストラン探しや、ノマドカフェの検索など多様なご依頼を頂いていますが
全体の8割を占めるのが、

 

メールの翻訳です。

 

英語⇔日本語が最も多く、次は日本語⇔中国語でしょうか。

 

お客様も皆さん慣れてこられて、取引先に送るメールをご自身で日本語で書いて下さり、
それを「翻訳してください」と送って来られる方が非常に増えてきました。

こうして頂けると、秘書も大変仕事がやり易いのでクイックに対応することが可能です。

ですので、メールの翻訳については、ほぼ当日中、遅くとも翌日にはご回答させて頂いております。

 

グーグル翻訳の精度も最近上がってきましたが、やはり機械翻訳には限界があります。

クラリーでは、月額3,680円からバイリンガル秘書をご利用頂けます。

翻訳にお悩みの方、是非、クラリーをお試し下さい!!