ご依頼事例 Airbnbに関連したご依頼

今日は最近増えているAirbnbに関連したお仕事について。

 

一番ご依頼が多いのが 簡単な翻訳

Airbnbのウェブサイト上での説明文の翻訳や
部屋の中の張り紙の翻訳まで。

本当に こうしたご依頼が増えていますね。

クラリーは英語以外もできるので 英語に次いで中国語での翻訳の
ご依頼もかなりあります

 

次に多いのが 「物件を探して欲しい」というご依頼。

正直、これはかなり悩ましいご依頼なのです。。。

何故なら、なかなか大家さんは「転貸」を許可しないからです

ですから、こうしたご依頼を頂いた場合は 時間で切らせて頂いています。

 

ビジネスタスク(チケット3枚)で 1時間の稼働

 

もし、それで見つからなくても免責とさせて頂いています

そう簡単には見つかりませんので。

また ウェブサイト上に「転貸可」と記載のある物件は、まずありません。

 

1、50分でお客様の条件に合った物件をネットで探す

2、残りの10分で 仲介業者さんに「転貸が可能か」の問合せをする

 

大体、こうした流れになります。

しかし、仲介業者さんも実際にどういう方が借りるのかを気にしますので
ネット検索以外はお客様ご自身でやられた方が、確率は高いようにも思います。

クラリーでは、出来るだけ柔軟に対応させて頂いておりますが、
このような制限を設けさせて頂くこともございますので、ご理解頂けますと幸いです。